筆まつり(筆祭り)の催し
これまでの大作席書のご紹介
2015年の大作席書は、仲川恭司氏【(一財)毎日書道会理事、毎日書道展審査会員・(公財)独立書人団理事長・(公財)全国書美術振興会理事・(公社)全日本書道連盟常務理事・(学)専修大学文学部教授】を招き揮毫していただきました。
〜大作席書の模様〜







第40回埼玉書道三十人展出品作「好風」
仲川恭司( なかがわきょうじ)
1945年8月6日 新潟県佐渡市で生まれる。期せずしてこの日は広島市に人類初めての原爆が投下された日に当たる。
1964年 手島右卿に師事する。
1972年 第20回記念独立書展準会員奨励賞受賞する。
1973年 第21回独立書展会員奨励賞受賞する。
1981年 第32回毎日書道展「現代書展」会員賞受賞する。
1982年 アメリカ・メネソタ洲セントポール美術館主催「手島右卿と一門展」に出品する。
1987年 第1回日本書道大賞新人賞(50歳以下の書家を対象)を受賞する。
2006年 第1回手島右卿賞受賞する。
   
2014年の大作席書は、村上俄山氏(日展参与、日本書芸院顧問、読売書法展参事、笹波会会長、広島書美術振興会理事長)を招き揮毫していただきました。
-2014年-第80回筆まつり大作席書の模様

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


村上俄山( むらかみがざん)
1932年 広島県福山市に生まれる
1952年 広島大学教育学部三原分校卒業
1953年 桑田笹舟先生に師事する
1957年 日展初入選、以来連続入選
1967年 広島県美展の審査員となる
1980年 毎日書道展に於いて、準大賞を受賞
1987年 第19回日展書の部で特選を受賞
1988年 広島県美術振興会理事長に就任
1989年 広島市文化功労賞を受賞
1991年 広島県立美術館協議会委員に任命される
1997年 読売書法展の中国・四国展の実行委員長を務める
1998年 第30回日展審査員に就任する
1999年 日展会員・書道笹波会理事長となる
2001年 第22回広島文化賞を受賞
2002年 第59回中国文化賞を受賞
2005年 広島県知事表彰
2006年 地域文化功労賞
2008年 書道笹波会会長
2009年 日展評議員となる
2013年 朝日書道二十人展 メンバーに選出される
   
熊野高校書道部による大作席書(2014年)
 
 
2013年の大作席書は、鬼頭墨峻氏((財)日本書道美術院 常務理事、一般審査員・(財)毎日書道会 総務・毎日書道展 審査会員 他)を招き揮毫していただきました。
-2013年-第79回筆まつり大作席書の模様

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


鬼頭墨峻( きとうぼくしゅん )
昭和16年 東京都生まれ
昭和29年 伊藤峻嶺に師事
昭和38年 中央大学 文学部 史学科 卒業
昭和41年 日本書道美術院 教育部 審査員
昭和47年 第26回日書展 準大賞 受賞
昭和49年 毎日書道展 委嘱
昭和54年 第33回日書展 梅花賞 受賞
昭和59年 毎日書道展 審査会員
平成4年 第46回日書展 オリベッティ国際賞 受賞
平成4年 毎日書道会 参事
平成15年 毎日書道会 評議員
平成15年 日本書道美術院 常任理事
平成15年 全日本書道連盟 参与
役職
(財)日本書道美術院 常務理事・一般審査員
(財)毎日書道会 総務
毎日書道展 審査会員
(社)全日本書道連盟 参与
(社)書芸文化院 理事
近代詩文書作家協会 常任理事
高野山書道協会 副会長
越谷書道連盟 顧問
墨渚会 理事長
   
 
2012年の大作席書は、清水透石氏(日展評議員・全日本書道連盟副理事長・全国書美術振興会理事)を招き揮毫していただきました。

清水 透石(しみず とうせき)
1936年9月 山梨県 北杜市生まれ
1958年3月 山梨大学学芸学部卒業
1959年4月  東京都公立学校教諭
1987年3月 東京都公立学校教諭退職
1987年4月 早稲田大学教育学部非常勤講師
13年間
1989年4月 大東文化大学非常勤講師後に教授
2001年3月 大東文化大学書道学科教授退職
書暦  
1962年 今関脩竹に師事
1971年 第3回日展 初入選
1983年 第15回日展特選
1985年 第17回日展特選
1987年 第19回日展依嘱
1991年 第23回日展初審査員
2011年 第43回日展4回目審査員
現在の役職  
  日展評議員
  全日本書道連盟副理事長
  全国書美術振興会理事
  読売書法会常任理事
第29回読売書法展企画委員
同展審査主任代行
  書道研究藍筍会会長
2011年は、メインゲストの書家 辻元大雲氏(全日本書道連盟理事・毎日書道会理事)による大作席書を揮毫されました。
辻元 大雲( つじもと だいうん )
1943(昭和18年)9月25日 兵庫県神戸市に生まれる
1966(昭和41年)3月 東京学芸大学書道科卒業
同年  4月 東京駿台学園高等学校書道科教諭(3年間)
1969(昭和44年)4月 千葉県立安房水産高等学校教諭(4年間)
1973(昭和48年)4月 千葉県立木更津高等学校教諭(17年間)
1990(平成2年) 4月 千葉県立木更津東高等学校教諭(11年間)
2001(平成13年)3月 同校退職 書道専門に活動開始する。
   
書道関係略歴
1969(昭和44年)2月 第22回書道芸術院展特別賞(3回目)受賞
第23回展より審査会員に昇格
同年  7月 第20回毎日書道展近代詩文書部毎日賞
第 21回展より会員に昇格
1978(昭和53年)7月 第29回毎日書道展準大賞受賞
第 30回展より審査会員に昇格
1982(昭和57年)2月 第34回書道芸術院展峰雲賞受賞
同年 10月 第34回千葉県美術展覧会(県展)県展賞受賞
1993(平成5年)7月 財団法人毎日書道会評議員に就任
1994(平成6年)5月 書道芸術院副理事長に就任
2000(平成12年)5月 書道芸術院理事長に就任
2004(平成16年)7月 財団法人書道芸術院認可により常務理事に就任
2010(平成22年)5月 同会 理事長に就任 現在に至る
同年  5月 社団法人全日本書道連盟理事に就任 現在に至る
同年  7月 財団法人毎日書道会理事に就任 現在に至る
   
個展開催
2000(平成12年)6月 「新内」の世界を書に 辻元大雲書作展開催 
新宿住友ビル 夢ギャラリー
2001(平成13年)10月 東京銀座画廊美術館にて
「辻元大雲書作展=万葉から現代へ=」個展開催
2009(平成21年)2月 辻元大雲書展=四季の抒情= 
東京セントラル美術館にて開催
   
褒章
2004(平成16年)11月 千葉県教育功労者(芸術文化の部)表彰を受賞
2006(平成18年)1月 袖ケ浦市文化協会功労者表彰受賞
2010(平成22年)3月 紺綬褒章受章
   
著書
文部科学省検定「高等学校書道教科書(教育図書ほか)編集執筆(共著)
近代詩文書基礎講座(教育出版)一~四巻(共著)
近代詩文書基礎講座(毎日新聞社)(共著)
二文字アート・三文字アート・四文字アート(日本習字普及協会)(共著)
四季のことばを書く(可成屋)
禅語吉語字典(日本書道協会)(共著)
心の杖ことば字典(日本書道協会)(共著)
   
現在の書道関係役職
(社)全日本書道連盟理事
(財)毎日書道会理事
毎日書道展近代詩文書部審査会員
(財)書道芸術院理事長・書道芸術院展常任総務
日本詩文書作家協会副理事長
日中文化交流協会会員
千葉県美術会常任理事
千葉県書道協会副会長
白扇書道会相談役
君津地方書道協会会長
袖ケ浦市書道連盟会長
大雲書道会主宰         
2010年は、メインゲストの書家 今村桂山氏(日展福井会会長)による約畳20畳分の特殊布へのシンボル作品揮毫が行われました。
また、地元学生(熊野高校書道部)による迫力のある揮毫が行われました。
今村 桂山(いまむら けいざん)
昭和13年5月13日 福井県福井市生まれ
昭和34年 日展初出品入選
昭和54年 日展特選
昭和61年 日展特選
平成6年 日展審査員
平成16年 日展審査員
平成19年 日展審査員
平成20年 日展評議員
   
昭和62年 日本書芸院常務理事
平成21年 日本書芸院副理事長
   
昭和63年 読売書法展常任理事企画委員
   
平成12年 全日本書道連盟理事
   
平成21年 (財)全国書美術振興会監事 企画委員
   
平成20年 日展福井会会長(現在に至る)
   
昭和42年より現在 名古屋矯正管区篤志面接委員
   
平成10年 法務大臣表彰(矯正教育に対して)
平成12年 藍綬褒章受賞
平成19年 大阪府知事表彰(文化芸術功績に対して)
平成20年 福井県文化賞受賞
   
-現在- 日展評議員・読売書法常任理事 企画委員
  日本書芸院副理事長・全日本書道連盟理事
  全国書美術振興会監事企画委員
  県書作協会顧問・福井書作家協会名誉顧問
  県文協評議員・日展福井会会長
  書道天真会理事長・書法研究石門会主宰


神郡 愛竹(かみごおり あいちく)
昭和9年2月16日 東京都四谷区左門町で出生
昭和31年3月 青山学院大学経済学部卒
昭和32年10月  父神郡晩秋没後、温知会会長就任
昭和47年 東洋大学国文科非常勤講師就任
昭和57年 跡見学園短期大学非常勤講師就任
昭和58年6月 文部省より高等学校芸術科書道指導要領の作成委員を委嘱される
昭和59年 毎日新聞社主催の第36回毎日書道展審査委員を委嘱され、現在に至る
平成3年 東洋大学国文科非常勤講師退任
平成7年 書道新聞社主催の書壇巨匠展に選抜され、現在に至る
平成9年 高等学校教科書道(1)を執筆
同年、跡見学園短期大学非常勤講師退任
海外での事業  
平成2年 アメリカ シアトル市主催のジャパンフェスティバルにて、温知会書道展を開催、市長より感謝状を受ける
同年 スウェーデン・デンマーク・ベルギーを訪問、コペンハーゲン市庁舎にて書道展
平成10年 5月 パリ展・8月 ストックホルム展に参加、デモンストレーション等を行う
作品政府買上 外務省麻布台公館4点、バングラディッシュ日本大使4点、カンボジア日本大使館1点 他
現在 温知会会長
毎日書道会監事・審査員
高野山書道協会常務理事・審査員
温知会 創立大正11年(1922年) 支部600余
会員数1万5千人
月間機関紙「なにはづ」「学生なにはづ」発行
2008年度筆まつりの大作席書の模様
熊野高校書道部による大作席書の模様